Monthly Archives: 9月 2015

勃起不全は陰部の血管に問題があるケースが多く、この障害を克服しなければ勃起を正常に機能させることが難しくなる事があります。例えば、勃起の機能に重要な役割を担う動脈が、何らかのトラブルを抱えている場合には、陰茎の血流が阻害されることから、この機能に支障を来たします。 また、陰茎部分の海綿体へ血液が効率良く流れないことでも、勃起した状態の継続が難しくなります。
これらの症状は診療所などで勃起不全の薬剤を処方してもらうことで簡単に改善出来るものではなく、専門的な診療科で外科的な手術を必要とするケースも見受けられます。
勃起不全の手術は、陰茎周囲の動脈が血流を妨げることが多いので、このトラブルを抱える部位の手術が必要です。これは勃起の際に上手く血液を届けることができなくなっているため、血管同士を手術により接続することが必要とされます。
この部位に特化した血管の手術では、下腹壁動脈と陰茎の背面部の動脈の接続が効果的とされ、その他にも下腹壁動脈と陰茎の様々な箇所の動脈が繋げられると、勃起時に血流を促進する事が出来るようになるのです。
また、この勃起不全という問題は外傷により発症するケースも多く、長期的な障害となるケースも頻発する事から、治療法として外科的な手法が用いられる事が多くあるのが特徴です。この場合も、外傷による陰部の動脈の障害を改善する為に、動脈の閉塞している箇所を見つけ出し、血管同士を接合する手術などが行われます。陰部の外傷の場合は、心因的な要因や生活習慣が原因での勃起不全とは違い、治療薬が上手く作用しないケースも確認されているので、この部位の動脈の問題を、外科的な手術により改善しなければなりません。