Monthly Archives: 6月 2015

勃起不全のことをEDという呼び方もしますが、EDにはいくつかの原因があると考えられています。
心理的な要因によって起こる場合や、身体的な障害が関係している場合、心因性と器質性の両方が原因となっている場合などがあります。
男性の場合は勃起機能が備わっているものの、加齢が原因となって生活習慣病になる人も増加しますので、動脈硬化が進むことで勃起不全の兆候も徐々に進みます。
年齢的に考えると、40歳代から50歳代は勃起不全の原因となりやすい高血圧や糖尿病などを発症してしまうことが多い年代となります。
したがって、これらの病気を発症しやすくなる40歳代前後の年齢が勃起不全になりやすい年代と言うことができます。
勃起は陰茎の海綿体に、血液が送り込まれることによって起こるものですので、勃起を持続させるためには院系の神経や血管などが健康体であることが大切です。
勃起のメカニズムを考えたときには、血管や神経の役割が大切であると理解できます。
勃起不全になってしまうと、血液が溜まらなくなりますので、血管障害や神経障害などはEDの原因となります。
高齢になるにつれて動脈硬化のリスクが高まりますので、勃起不全になりやすくなると言えるわけです。
勃起不全になりにくくするためには、糖尿病や高血圧などに代表される生活習慣病を予防することが効果があると言うことができて、日頃から食生活や生活習慣を整えておく必要があります。
勃起不全の解消に役立つ、バイアグラやシアリスなどのED治療薬を服用することも効果があります。
ED治療薬には血液の循環を良くしてくれる効果がありますので、EDを改善させることができると考えられています。
ED治療薬の服用を検討しているときには、医薬品となりますので、医師による処方のもとで使用することが最適です。