勃起不全と睡眠障害の関係についての知恵袋

勃起不全の原因は動脈硬化による血行不良だけではありません。
睡眠障害も大きく関係しており、寝不足が続いている方は勃起しにくい状態となります。
勃起不全と睡眠に関する知恵袋では、勃起力を維持するには1日最低でも6時間の睡眠が必要としています。
人間は疲労・ストレスを解消することで、次の日の活力を養います。
これらを解消できずに溜めてしまうと、精神状態が不安定になってきます。
イライラ・カリカリすることが多くなりますし、性行為のときもペニスが思うように立たなくなります。
睡眠時間が少なくなると、人は無意識のうちにストレスを溜め込んでしまうのです。
1日4時間も眠れば十分だと言い切る方もいますが、身体は無理を感じているのです。
自覚はしていなくても、無意識のうちに疲労やストレスを溜めている方は多いものです。

睡眠障害で注意したいのは、入眠障害や中途覚醒もあります。
寝つきが極端に悪いと、睡眠の質まで低下してしまうのです。
熟睡できない状態で睡眠時間だけ多めに確保しても、あまり疲れは抜けないでしょう。
睡眠の質を高めるためには、就寝前に心身を落ち着けることです。
緊張している状態で眠ってしまうと、十分に疲れやストレスが抜けません。
中途覚醒の場合も同じく、睡眠不足や睡眠の質低下を招きます。
睡眠リズムが崩れてしまうと、性機能は確実に低下していきます。
勃起不全の原因ともなるので、眠られない場合は一時的に睡眠薬を服用することも考えましょう。
薬に頼らずに眠るのが理想ですが、眠られない不健康を考えると、薬を服用して熟睡したほうが健康にもED解消にもいいのです。
ストレス性のEDなら、睡眠障害を解消するだけで治ることが多いです。
軽度の睡眠障害ならば、アロマテラピーなどの民間療法で解消できることもあります。